トウェンテ・中村、コロナ余波で退団へ 欧州複数クラブが熱視線

[ 2020年6月1日 05:30 ]

G大阪からトウエンテにレンタル移籍中の中村(右)
Photo By 共同

 U―20日本代表FW中村敬斗(19)が今季限りでオランダ1部トウェンテを退団し、他の欧州クラブに移籍する可能性が浮上していることが31日までに分かった。

 オランダリーグは今季、リーグ戦を再開せずに打ち切り。来季も大半の試合が無観客となる見通しで、トウェンテも含め多くのクラブが経営難に陥ることは避けられない状況。人件費削減が不可欠となり、真っ先に対象となるのが、最低年俸規定によりコストが高い中村のようなEU圏外の選手という。

 中村は昨年7月、G大阪から2年間の期限付きで加入。PSVアイントホーフェンとの開幕戦でゴールを決めるなど、公式戦18試合で6得点を挙げた。契約期間をあと1年残しており将来性も高く買われていたが、コロナ余波で退団が濃厚となった。その一方で、ドイツやベルギーなどの複数クラブが熱視線を送っているという。G大阪も中村本人の意思を尊重する方針で、東京五輪代表候補にも挙がるホープが、来季も欧州で挑戦を続ける可能性は高い。

 ◆中村 敬斗(なかむら・けいと)2000年(平12)7月28日生まれ、千葉県我孫子市出身の19歳。三菱養和ユース所属の17年、U―17W杯に出場しホンジュラス戦の3ゴールを含む4得点。18年にG大阪入り。19年7月に2年の期限付きでトウェンテに移籍し開幕戦でデビュー弾。18年3月にU―21日本代表に初招集され19年U―20W杯にも出場した。1メートル80、75キロ。右利き。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年6月1日のニュース