久保建英 来季もマジョルカ希望

[ 2020年3月27日 00:20 ]

久保建英
Photo By スポニチ

 スペイン1部リーグのレアル・マドリードから同マジョルカに期限付き移籍している日本代表MF久保建英(18)が、来季も期限付き移籍する場合はマジョルカでのプレーを希望していると、地元紙ディアリオ・デ・マジョルカが26日に報じた。

 スペインメディアでは、久保の来季去就についてレアル・ソシエダードに期限付き移籍する可能性も報じられていた、久保本人はレアル・マドリードに「来季もマジョルカで続けたい」との意向を伝えたという。

 昨年6月にJ1のFC東京からレアル・マドリードの完全移籍した久保は、米国遠征に参加した後の8月にマジョルカへ期限付き移籍。モレノ監督の信頼を勝ち取ってレギュラーに定着し、リーグ戦24試合(先発13試合)で3得点をマークしている。

 ただ、マジョルカは20チーム中18位の降格圏に低迷。来季2部降格となった場合は、他の1部クラブが期限付き移籍候補となる見通しという。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月26日のニュース