J2大宮・高木監督 長引く中断も前向き「変化をもたらすことを試したい」

[ 2020年3月26日 18:06 ]

J2大宮の高木監督
Photo By スポニチ

 新型コロナウイルスの影響で、Jリーグ再開が再延期されることが正式決定したが J2大宮の高木琢也監督(52)は26日、「日本だけじゃない。世界的なことなのでしょうがない」と切り替えた。

 さらに約1カ月中断が続くが、高木監督は「1カ月はほぼオフシーズンに近い状況。長期間休んでも、どこにも行けないわけだし、トレーニングと練習試合と休養をうまくいれていきたい」と、中断を前向きにとらえる。「チームに変化をもたらすことを試したい。4枚も含めて、いろいろと準備できる。選手が飽きずに常に何か考える状況にしないと」と、工夫を取り入れていく考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月26日のニュース