IOCが五輪延期検討…村井チェアマン「あらゆる準備が変わってくる」

[ 2020年3月23日 13:43 ]

<新型コロナ対策連絡会議会見>連絡会議を終えて会見にい臨むNPB・斉藤コミッショナー(左)とJリーグ・村井チェアマン(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 プロ野球とJリーグが連携した第4回新型コロナウイルス対策連絡会議が23日、東京都内で開催。会見では、国際オリンピック委員会(IOC)が、東京オリンピック(五輪)の開催延期を含めた検討を始めたことについて質疑に応じる場面もあった。

 仮に延期となった場合について、Jリーグの村井満チェアマンは「今年度か来年か再来年か、どこに延期されるかによって、あらゆる準備が変わってくる」と説明。「簡単には答えられない」としながらも「五輪期間中に数多くの警備関係、中継スタッフなどの数が五輪にさかれている。会場だけでなく、そういうことも含めて判断していきたい」とコメントした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年3月23日のニュース