本田圭佑 寄付の公表に持論「偽善とか売名は積極的にどんどんしろ!」

[ 2020年1月22日 10:51 ]

本田圭佑
Photo By スポニチ

 1カ月半在籍したオランダ1部フィテッセを昨年12月に退団した元サッカー日本代表MF本田圭佑(33)が22日、自身のツイッターを更新。寄付をすることに「名前を隠す必要はない」と持論を展開した。

 本田は、日本財団に送り主不明で約1憶2000万円が寄付されという一部報道を引用して投稿。「日本ではこういう人をもっと徹底して評価するべきで、こういう名前を隠して寄付する美学はなくさせないといけない」と指摘し「世の中の為に良いことしてるのに名前を隠す必要はない」と強調した。

 その後、連続投稿では「寄付を公表する人に対して、偽善とか売名とかいうけど、むしろ良いことなら偽善とか売名は積極的にどんどんしろ!」と呼びかけていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月22日のニュース