タイ代表の西野監督、契約2年延長で基本合意

[ 2020年1月22日 22:11 ]

U-23タイ代表監督の西野朗氏
Photo By スポニチ

 タイ・サッカー協会は22日、同国代表を率いる西野朗監督(64)との契約を2年延長することで基本合意したと公式サイトで発表した。24日に正式契約を結ぶ予定という。

 前日本代表監督の西野氏は、昨年7月にタイ代表の監督に就任。兼任していたU―23代表では、五輪予選を兼ねた自国開催のU―23アジア選手権で1次リーグ突破を果たし、8強入りに導いて評価を上げていた。

 22日に西野氏と会談したタイ協会のソムヨット会長は「これまでの代表での仕事ぶり、特にU―23代表の結果に満足している」と指揮官の手腕を評価した。

 タイ代表は2022年W杯カタール大会のアジア2次予選G組で、5試合を終えて2勝2分け1敗の勝ち点8。勝ち点11のベトナム、同9のマレーシアに続く3位につけている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月22日のニュース