J2千葉 昨季限りで引退した佐藤勇人氏がクラブユナイテッドオフィサーに就任

[ 2020年1月22日 21:04 ]

昨季まで千葉でプレーした佐藤勇人氏
Photo By スポニチ

 J2千葉は22日、2019年シーズン限りで現役を引退した元日本代表MFの佐藤勇人氏(37)が2020年シーズンから「クラブユナイテッドオフィサー(CLUB UNITED OFFICER)」に就任すると発表した。

 クラブはクラブユナイテッドオフィサーという役職について「社長付として多岐にわたるクラブ内の組織同士や、クラブとクラブを応援してくださる皆さまをユナイテッド(結束)させ、クラブ全体が一丸となって活動するための推進役としての機能を果たします。佐藤勇人氏には、アカデミーで6年間、プロとして20年間ジェフとともに歩んできた経験や見識を活かし、ジェフのクラブ理念である『ジェフユナイテッドライフの実現』に向け、その一翼を担っていただきます」と説明。

 主な業務には「トップチームの強化に関する業務」「アカデミーの強化に関する業務」「スクール運営や子供たちの指導」「社長付き業務」「ホームタウン活動に関する業務」「スポンサー営業に関する業務」「クラブ広報業務」等を挙げている。

 佐藤CUOはクラブを通じてコメントを発表。「このたび、ジェフの一員になってから27年目をクラブユナイテッドオフィサーとしてスタートできることを大変嬉しく思っています。私たちは1946年の古河電工サッカー部に始まり、その後古河電工と東日本旅客鉄道がクラブの母体となり活動している伝統あるクラブであります。その伝統と誇りを発信していきながら、これまで以上にクラブとホームタウンの結びつきやチームの団結を導くことも自分の役割だと考えております。またアカデミーから1人でも多く選手を育て、市原・千葉をはじめ地域の皆さま、ファンやスポンサーの皆さまが誇れるクラブになるため精進して参ります」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月22日のニュース