MLSシンシナティ 久保裕也獲得に乗り出す ベルギーメディアが報道

[ 2020年1月7日 05:30 ]

シンシナティから正式オファーを受けたヘント・久保
Photo By スポニチ

 MLSシンシナティがベルギー1部ヘント所属のFW久保裕也(26)の獲得に乗り出していることが6日、分かった。ベルギーメディア『HLN』などが報じた。

 久保は期限付き移籍していたニュルンベルク(現ドイツ2部)から復帰した今シーズンは、負傷の影響もあって公式戦12試合3得点。地元紙によると、久保はスペインでの冬季キャンプには参加していないという。

 シンシナティは19年シーズンからMLS参入。昨季は東地区12チーム中最下位だった。総得点「31」は西地区を合わせても24チーム最下位。巻き返しに向けて、得点力のあるストライカーの獲得が急務になっている。また指揮を執るロン・ヤンス監督は(61)1987年にマツダ(広島の前身)でプレーしており、日本人気質を理解していることも追い風になりそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月7日のニュース