カズ“J1仕様”クラブハウス大歓迎 充実筋トレ室 広さ4~5倍に

[ 2020年1月7日 05:30 ]

北沢豪氏(右)が見つめる中、トレーニングするカズ
Photo By スポニチ

 J1に昇格する横浜FCが横浜市内のクラブハウスも“J1仕様”に大幅改良することが6日、分かった。従来の事務所などが置かれた2階部分を改築し、筋トレ室は器具も増え4~5倍の広さに拡大。さらにレストルームも併設され、2月上旬に完成予定という。

 グアムで自主トレ中のカズも大歓迎だ。今後のJ1定着を目標に掲げるカズは「(環境整備は)皆が言い続けたこと。整わないと、いい選手も来てくれないからね」と話した。また松井も「ベンチプレスが順番待ちになることもあった。クラブも変わる時と思っているのでは」と完成を心待ちにしている。

 前回昇格した06年はクラブハウスもなく人工芝で練習していた。その後、徐々に環境は整備されたが、チームは再びJ2降格の憂き目を見た。だからこそカズは「それ(環境整備)を甘えにしちゃいけない」と話す。2月には53歳になるカズ。環境改善も力に変え前人未到の道を突き進む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2020年1月7日のニュース