田川、技ありヘッドも課題を口に「崩していくところに関わっていければ良かった」

[ 2019年12月15日 05:30 ]

E―1選手権   日本5―0香港 ( 2019年12月14日    韓国・釜山九徳 )

前半、田川(中)がゴール(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 田川は3得点の小川の陰に隠れたが、きっちりA代表初ゴールを決めた。2列目の左で先発し、1―0の前半14分に大島の左CKから頭で技ありゴール。

 5月のU―20W杯ポーランド大会にも出場したストライカーが最低限の仕事をこなした。それでも試合後は「もっと崩していくところに関わっていければ良かった」と課題を口にし、レベルアップを誓っていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月15日のニュース