清水 来季新監督に横浜HCクラモフスキー氏就任発表

[ 2019年12月15日 05:30 ]

クラモフスキー氏
Photo By スポニチ

 清水は14日、来季監督に横浜ヘッドコーチのピーター・クラモフスキー氏(41)が就任すると発表した。クラブ初のオーストラリア人指揮官の誕生となり、横浜のクラブを通じて「一番の目標である監督としてのキャリアをスタートするために決断した」と話した。

 清水はリーグワースト69失点を喫するなど守備の立て直しが急務。攻撃的な戦術を好む同氏を招へいすることで内藤強化部長は「ボールを持つ時間を長くすることで失点を減らせれば」と明かし、続けて「ここ数年の低迷から脱するために大きな変化を与えてもらいたい」と期待した。

 また今季途中から指揮を執り残留に導いた篠田監督は来季はコーチとして残留することも発表。「今は天皇杯だけに集中したい」と21日の準決勝・神戸戦を見据えた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月15日のニュース