相馬、右WBで好クロス量産 森保監督「チャンスをつくることにトライしてくれた」

[ 2019年12月15日 05:30 ]

E―1選手権   日本5―0香港 ( 2019年12月14日    韓国・釜山九徳 )

前半、ボール追う相馬(左)
Photo By 共同

 相馬は右ウイングバックでフル出場し、再三縦に切り込んでクロスを量産し気を吐いた。終盤には右後方から見事なピンポイントクロスをFW上田の頭へ。上田のダイビングヘッドは惜しくもポストに阻まれた。

 相馬は「あそこを点で合わせられるのが世界の一流のトッププレーヤー」と話したが、森保監督は「果敢にウイングバックの役割を果たし、個で突破してチャンスをつくることにトライしてくれた」と高評価した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月15日のニュース