【堀池巧の視点】素晴らしい得点感覚も…まだ物足りぬ小川

[ 2019年12月15日 09:00 ]

E―1選手権   日本5―0香港 ( 2019年12月14日    韓国・釜山九徳 )

前半、相手と競り合う小川=左(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 小川は得点感覚が素晴らしい。1点目は左後方からのクロスを受けてターンしてシュート、3点目も相手が3人いたがきちんと決めた。ポストプレーの受け方も良く、どんな形でも決められるストライカーらしい選手だ。たが、来年の東京五輪を考えるともっとアピールしてほしかった。香港が引いて守っていたが、相手の実力からみれば格の違いを見せないといけない。ボールを引き出す動きなども少なく、短時間で見せ場をつくった上田と比較しても物足りない。

 東京五輪本大会の枠は18人で、オーバーエージ3人とGK2人を除けばフィールドプレーヤーは13人。今回招集されていない久保や堂安がいることを考えればかなり厳しい競争になる。個を出してほしかった。“A代表組”の仲川もサイドでプレーする横浜とはシステムも役割も違って、中でゴールを背にしてパスを受けなければならなかった。持ち味を出せなかったが、代表で生き残るためには臨機応変さを身につけないといけないだろう。(元日本代表DF)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月15日のニュース