高倉監督、完勝もDFに苦言「メンタル的にびびってしまうところを感じた」

[ 2019年12月15日 05:30 ]

E―1選手権   日本3―0中国 ( 2019年12月14日    韓国・釜山九徳 )

試合後、高倉監督が宮川(右)と握手する(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 高倉監督は快勝にも満足しなかった。中国の激しいプレッシャーを受け、バックパスを多く選択した守備陣の選手たちについて「メンタル的にびびってしまうところを感じた。自信がないのか、考えるスピードが遅いのか」とバッサリ。

 昨夏のアジア大会決勝(日本1―0)でも苦しめられた中国の球際の強度に脅威を感じ「アジア人特有の粘り強い足の出し方に対応できない選手が非常に多かった」と苦言を呈した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年12月15日のニュース