浦和 スタメン8人入れ替えも不発…監督代行の上野ヘッド「結果が出なかったのは残念」

[ 2019年11月6日 05:30 ]

明治安田生命J1第32節第1日   浦和0-2川崎F ( 2019年11月5日    埼玉 )

前半、ベンチで指示を出す監督代行の上野ヘッドコーチ(撮影・大塚 徹)                                                                                                                                              
Photo By スポニチ

 浦和は1日の鹿島戦から先発8人を入れ替えた一戦を0―2で完敗し、勝ち点を重ねることができなかった。前節で相手選手を押し倒し、ベンチ入り停止処分の大槻監督に代わって指揮を執った上野ヘッドコーチは「結果が出なかったのは残念」と悔しがった。

 試合後はアルヒラルとのACL決勝第1戦(9日)に向け、サウジアラビアへ急行。埼スタを出発する際、約500人のサポーターが駆け付けると、選手も整列し、主将の柏木が「応援、よろしくお願いします!」とあいさつ。選手バスは熱烈なエールに見送られた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2019年11月6日のニュース