名波氏 日本代表の新ユニホーム「斬新ですね」中田氏「裏から見た青色が綺麗」

[ 2019年11月6日 18:23 ]

サッカーショップKAMOのイベントでトークショーを行う名波氏(右)と中田浩二氏
Photo By スポニチ

 サッカーショップ『KAMO梅田店』(大阪市北区)が6日、リニューアルオープンイベントを開催し、元日本代表MFの名波浩氏(46)と同DF中田浩二氏(40)がトークショーを行った。店内には発表になったばかりの日本代表の新ユニホームを先行販売。多くのサポーターが5色の空をイメージしたユニホームを手に取った。

 名波氏は「斬新ですね」と率直な印象を語り、中田氏は「(ユニホームの)裏から見た青色が綺麗」と口にした。さらにユニホームにまつわるエピソードとして、名波氏はベネチアに在籍した時の思い出を披露。「1試合で必ず2枚くれるんですよね。その2枚を誰に配ろうかと考えていた。ある時、ミランの(本拠地である)サンシーロでの試合前に散髪しようとして、タクシーの運転手にユニホームに渡したらタクシー代がタダになりました」と笑わせた。

 新ユニホームで来年の五輪も戦う。名波氏は「色んな感情が入り乱れるような1年になるが背中の青のような気持ち良い結果になることを願う」と男女メダル獲得に期待を寄せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年11月6日のニュース