鹿島MF相馬 出場2試合目で移籍1号「名前を知ってもらう機会になったかな」

[ 2019年8月18日 05:30 ]

明治安田生命J1第23節   鹿島1-0大分 ( 2019年8月17日    昭和電ド )

<大分―鹿島>後半、ゴールを決め喜ぶ鹿島・相馬。左は小泉
Photo By 共同

 鹿島は名古屋から新加入したMF相馬が、出場2試合目で移籍後初ゴールを決めた。

 途中出場から12分後の後半26分、逆サイドの小池からのロングボールをぴたりと収めると、中に切れ込み、利き足ではない左足で決勝点をマークした。「アントラーズに関わる皆さんに自分の名前を知ってもらう機会になったかな」とはにかんだ。日本人GK史上2人目となる40代でのJ1出場を果たした曽ケ端ら守備陣もシュート2本に抑え込んで完封。首位・FC東京との勝ち点差を4に縮めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月18日のニュース