磐田 山田今季初ゴール空砲に…3度目3連敗で最下位のまま

[ 2019年8月12日 05:30 ]

明治安田生命J1第22節   磐田2-3湘南 ( 2019年8月11日    ヤマハ )

<磐田・湘南>湘南に逆転負けを喫した磐田イレブン
Photo By 共同

 磐田はホームで湘南に2―3で敗れ、今季3度目の3連敗を喫した。前半終了間際にMF山田大記(30)の今季初得点で先制するも、後半だけで3失点。リーグ3戦未勝利で順位は最下位のままとなった。

 1万3762人満員の観衆から、ため息が漏れた。

 前半終了間際、右CKをMF今野が頭で折り返すと、山田が相手DFに抱えられながらコースを変えて先制。「ホームだし絶対に負けられない試合になる」と意気込む一戦で今季初得点を決めた。

 今季ここまで5戦負けなしの先制点を奪うと、守備でもリーグ13試合ぶりに先発したDF大南が序盤の相手の決定機を阻止するなど、前半をリードで折り返した。

 だが後半開始早々に同点とされると、同35、37分に立て続けに失点。MFアダイウトンや、J1デビューとなる新加入のオランダ人MFエベシリオを投入するも、終了間際にDF大井が1点を返すのが精いっぱいだった。

 この日J1残留を争う鳥栖が勝利し、残留圏の16位との勝ち点差が1から4に広がった。リーグ戦は残り12試合。直近3試合連続複数失点となった守備を含めて立て直し、18日の次節アウェーG大阪戦に臨む。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月12日のニュース