ブレーメン大迫 1得点1アシストで独杯1回戦突破貢献

[ 2019年8月12日 05:30 ]

ドイツ杯・1回戦   ブレーメン6-1デルメンホルスト ( 2019年8月10日 )

デルメンホルスト戦の前半、ゴールを決め祝福されるブレーメンの大迫(中央)
Photo By 共同

 ブレーメンの日本代表FW大迫は、ドイツ杯1回戦の5部デルメンホルスト戦で1得点1アシストの活躍を見せ、6―1の快勝に導いた。

 3トップの中央に入ると前半10分、右からの折り返しを押し込み、先制弾。同19分にはCKに頭で合わせ、チーム2点目をアシストした。後半20分に途中交代するまでピッチを支配。「まだ相手も相手なんで。まあ、自分でも手応えは感じている」。格下相手の快勝とはいえ、表情は明るかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年8月12日のニュース