「ガンバの至宝」宇佐美が復帰へ!最短デビューは7・20名古屋戦

[ 2019年6月24日 05:00 ]

ドイツ1部デュッセルドルフのMF宇佐美
Photo By スポニチ

 元サッカー日本代表で、ドイツ1部デュッセルドルフのMF宇佐美貴史(27)が古巣のG大阪に3年ぶりに復帰することが23日、確実になった。完全移籍で、移籍金は200万ユーロ(約2億4400万円)。移籍交渉はほぼ合意に達しており、来月20日のアウェー名古屋戦(豊田ス)がJ再デビュー戦となる見込みだ。

 「ガンバの至宝」が帰ってくる。2016年にアウグスブルクへ移籍した宇佐美は、昨シーズンからデュッセルドルフでプレー。18~19年シーズンは19試合に出場し、わずか1得点にとどまった。さらなる出場機会を求める宇佐美に対しては、G大阪だけでなく、神戸など他クラブも獲得に興味。水面下で争奪戦が展開されたものの、最後は松波正信強化部長が宇佐美と個人面談し、低迷する古巣再建への熱意を確認して、復帰が決まった。

 18年W杯ロシア代表に対する、クラブの期待は大きい。G大阪は開幕から降格圏付近を低迷。宮本監督が若手への世代交代を図る一方、得点力不足は深刻だった。ここにきて、ようやくFW食野らが台頭。宇佐美が加入することで相乗効果も生まれそうだ。

 近日中にも正式に発表。後半戦の巻き返しへ、大きな1ピースが加わった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年6月24日のニュース