鹿島 初黒星、DF出場停止響く 三竿「戦術以前の問題」

[ 2019年4月25日 05:30 ]

ACL1次リーグ・E組   鹿島0―1慶南 ( 2019年4月24日    カシマ )

<鹿島・慶南>肩を落としてあいさつへ向かう鹿島・関川(右から2人目)らイレブン(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 鹿島は苦しい台所事情が影響した。本職ではないセンターバックで先発したMF三竿は「戦術とかそれ以前の問題。自分たちのミス」と首を横に振った。

 CBのDF犬飼、町田がそろって出場停止で、三竿とこの日がプロデビューのDF関川がコンビを組んだ。若手主体で臨んだ総力戦だったが、警戒していたクロスからゴールを割られ、ホームで今大会初黒星を喫した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2019年4月25日のニュース