浦和G組3位転落 興梠、日本人最多更新19点目も空砲

[ 2019年4月25日 05:30 ]

ACL1次リーグ・G組   浦和1―2全北 ( 2019年4月24日    全州W杯 )

<全北・浦和>後半、ゴールを決める浦和・興梠
Photo By 共同

 浦和はFW興梠の日本人最多得点を更新するACL通算19点目も空砲に終わった。

 後半13分、GKとの1対1を冷静に制すも反撃はそこまで。前半12分に森脇が自陣でボールを奪われ先制されると、今季初めて槙野をベンチに下げた直後の後半3分にも追加点を許し“日韓対決”に連敗。オリヴェイラ監督は「いい場面もつくれたが、フィニッシュまで行くことができず残念」。G組3位に転落し、窮地に立たされた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年4月25日のニュース