C大阪 連勝でグループ首位、田中決勝弾「思い切り打てた」

[ 2019年4月25日 05:30 ]

ルヴァン杯C組   C大阪1―0神戸 ( 2019年4月24日    ヤンマー長居 )

<C大阪・神戸>試合に勝利し、抱き合うC大阪のブルーノ・メンデス(左)と田中(撮影・後藤 大輝)  
Photo By スポニチ

 C大阪が2連勝を飾りグループ首位に浮上した。前半22分、CKからのこぼれ球を胸トラップしたMF田中が左足を一閃(いっせん)。「思い切り打てた」という一撃がゴール右上に吸い込まれた。直近のリーグ清水戦からスタメン8人が入れ替わった中で「ここで勝てばチャンスが広がる」(田中)とチーム内で声を掛け合い、普段は出場機会の選手たちが奮起。リーグ戦で14位と苦しむチームの良い刺激となった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2019年4月25日のニュース