G大阪・DF黒川、デビュー戦で1アシスト 宮本監督「想像以上」

[ 2019年4月25日 11:25 ]

ルヴァン杯1次リーグD組第4節   G大阪4-1磐田 ( 2019年4月24日    パナスタ )

ルヴァン杯<G大阪・磐田>後半、ゴールを決めたG大阪・中村(左)とともに喜ぶ黒川(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 G大阪・宮本監督がうなる出来ばえだった。「想像以上にやれていた」。20年からの加入が内定して特別指定選手に登録されているDF黒川圭介(22=関大)がプロデビュー戦で1アシストをマークし、公式戦6試合ぶりの勝利に貢献した。

 2点リードの後半ロスタイム。自らのパスカットからドリブルで持ち上がり、FW中村のダメ押し点を演出した。「自分の強みを出そうと思った」。90分間走りきれるスタミナと精度の高い左足キック。鎖骨骨折で離脱中の藤春とは違った持ち味でチームを活性化させた。

 28日には関大での公式戦が予定されており、松波強化部長は「話し合いたい」と同日に行われるリーグ仙台戦へ向けて“延長オファー”を出す方針だ。1得点ずつのFW食野と中村も含め、イキの良い若手の出現は今後の明るい材料だ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年4月25日のニュース