エース大迫、導いた決勝で悔し敗北「切り替え、続ける」

[ 2019年2月3日 05:30 ]

アジア杯決勝   日本1―3カタール ( 2019年2月1日    UAE・アブダビ )

<日本・カタール>前半、飛び上がってボールに足を伸ばす大迫(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 FW大迫は右臀部(でんぶ)痛と戦いながら計4得点で導いた決勝だったが、チームを勝たせることはできなかった。「優勝できなかったのは僕個人にも凄く責任はある。切り替えて、また続けて、レベルアップするしかない」。

 攻撃では両サイドで数的優位に立った一方、自身ら中央の人数が足りないアンバランスな状況だったことを悔いた。試合終了直後には「悔しさと後悔」からスタッフの制止を振り切って会場の外に出ようとするほど高ぶる感情を抑えきれない様子だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月3日のニュース