主将麻也「油断や隙」あった 準決後の“空気”律しきれず

[ 2019年2月3日 05:30 ]

アジア杯決勝   日本1―3カタール ( 2019年2月1日    UAE・アブダビ )

<日本・カタール>後半、シュートが外れ悔しがる吉田(左)=撮影・小海途 良幹
Photo By スポニチ

 吉田にとっては初めて主将として臨んだ公式大会だった。「優勝に導くことができなかった自分の未熟さを凄く悔いているけど、この負けからまた進まなければ。もう一回立ち上がっていかないと」。悔しさを押し殺しながら前を向いた。

 決勝で2つの悔いを残した。準決勝後に「この流れでいけるだろうという油断や隙」がチームの内にあったという。それを感じながら律せなかったことを「自分自身が凄くふがいない」と悔いた。また守備面ではハンドを取られた微妙なVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によるPKを含め、全3失点に絡んだ。

 暑い中東で行われた今大会は特に序盤、コンディションにばらつきが生まれた。決勝で先発全員がそうであったように大半が海外勢となったがゆえ、今後のW杯予選などでは「自分のクラブでのキャリアと代表でのキャリア、両方でパフォーマンスを上げていかないといけない。新しい難しさが出てくる」と気候やオン、オフシーズンを問わない対応力の重要性を説いた。

 《英紙VAR「バカげた判定」》後半にVAR判定の末に下された吉田のハンドの反則について、英紙ガーディアン(電子版)は「これまで見た中で最もバカげた判定の一つ」と主審を批判した。またFOXスポーツアジア(同)は「日本にとって致命傷となった判定をファンが非難」と報道。ネットを中心に「主審やVARよりルールが問題。故意かどうか、解釈の範囲が大きすぎる」などの声を紹介した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月3日のニュース