冨安 今大会プレー時間チーム最長 経験値を今後の糧に

[ 2019年2月3日 05:30 ]

アジア杯決勝   日本1―3カタール ( 2019年2月1日    UAE・アブダビ )

<日本・カタール>前半、アリと競り合う富安(左)=撮影・篠原岳夫
Photo By スポニチ

 高身長で、クレバーで、身体能力も高い。今大会で日本に将来のDFリーダーの台頭を予感させたのが冨安だった。全7試合出場は冨安と原口だけで、冨安のプレー時間はチーム最長だった。20歳で主力に定着したセンターバックは「公式戦で代表のユニホームを着てプレーすることができたというのは大きな経験値。日本国民の応援を受けながらプレーした経験値は今後の糧にしないといけない」と話した。

 決勝ではボール保持者にプレッシャーがかかりきらない状況下で「背後も足元もスペースも」全てケアする守備に苦戦した。今後の課題は、その中で真っ先に消すべき背後への抜け出しの対処。「相手の縦パスに対して後ろからどうアプローチできるかは、技の一つとして備えないといけない」と成長を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年2月3日のニュース