横浜FC 51歳カズ「いつでも90分間ピッチに立つ準備をしている」

[ 2019年1月31日 14:13 ]

 横浜FCのFW三浦知良(51)が31日、チームに合流した。日本での始動初日はランニングや筋力トレーニングなど別メニュー調整。あす2月1日からチームとともに宮崎キャンプを行う。

 12月の1次グアム自主トレーニング時に右ふくらはぎを痛め、1月の2次グアム自主トレーニングの期間を延長。約3週間、暖かい場所で体を仕上げた。しかし、「やれることはやった」としつつも「今回は不安もある」と心中を吐露。それでも、51歳として最後の試合となるJ2開幕戦の長崎戦(2月24日)と今季に向けて「いつでも先発として90分間ピッチに立つ準備をしている。1試合でも多く、1分1秒でも長くプレーしたい」と前を見据えた。

 さらに2月1日にアジア杯決勝のカタール戦を控える日本代表についても「カタールは地元UAEに勝っているし、自分が(代表として)戦った当時から力はある。ただ力でいったら日本の方が上。優勝を持ち帰ってきてほしい」と海の向こうへ激励の言葉を贈った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月31日のニュース