カタールVSUAE 国交断絶で厳戒態勢 ピッチには怒りの跡

[ 2019年1月31日 05:30 ]

アジア杯準決勝   カタール4―0UAE ( 2019年1月29日 )

後半35分、ハサン・アルハイドスのゴールで3失点目を喫し怒りに任せてピッチにものを投げ込むUAEサポーター(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 国交が断絶された国同士の戦いとあり、会場は物々しい雰囲気に包まれた。

 外にはチケットを持たないファンが何十人と押しかけ、屈強な警備員が柵を力尽くで押さえて入場を阻止。パトカーが列を連ね、馬に乗った警官が高い位置から見張った。会場内は白い民族衣装を着たUAEのファンでびっしり。試合終盤に選手の集中力が欠けて失点が続くと、おびただしい数のペットボトルと履き物がピッチに投げ入れられた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月31日のニュース