塩谷、遠藤負傷で先発へ 柴崎と“レアル弾コンビ”でWボランチ

[ 2019年1月31日 05:50 ]

アジア杯決勝   日本―カタール ( 2019年2月1日 )

イラン戦の後半途中から遠藤に代わって出場した塩谷(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 追加招集から、決勝の先発へ。遠藤の負傷により、ボランチは塩谷のスタメンが濃厚。「このチームで優勝したい」と話す30歳が頂点へ導く。

 昨年12月22日、クラブW杯決勝で得点を決め、レアル・マドリードから公式戦で得点した史上2人目の日本人となった。ボランチを組む柴崎は、16年の同大会決勝でレアルから得点した史上初の日本人。唯一無二のペアで攻略する。

 今大会、塩谷は攻守に大車輪の活躍を見せてきた。得点を奪い、1点差の最終盤を締める“クローザー”も全う。準決勝では緊急登板で、負傷した遠藤の穴を見事に埋めた。決勝の会場はレアルから得点したザイード・スポーツシティ・スタジアム。巡り合わせにも恵まれている。レアル戦ではFKからヘディングを、今大会のウズベキスタン戦ではミドルを決めたばかり。堅守のカタールの堅い壁をこじ開けるにはどちらも有効だ。打倒カタールの鍵を、攻守で握る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2019年1月31日のニュース