森保監督 アジア杯“総力戦”の誓い「全員を信頼して」

[ 2018年12月31日 05:30 ]

トレーニングマッチ   日本代表2―0流通経大 ( 2018年12月30日    千葉 )

合宿を終えてメンバーと握手する日本代表の森保監督(右)(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 森保監督は“無敗締め”で自身初の公式戦となるアジア杯に臨むことになった。7月の就任以来、国際Aマッチは5戦4勝1分け。「(アジア杯で使用する)ボールのフィーリングとコンディション向上」を主なテーマに行った流通経大との練習試合も2―0で勝利し、「国内組、欧州組で状態にばらつきがある中で、選手は今できることを出してくれた」と18年最後の一戦を振り返った。

 アジア杯では11年カタール大会以来となる5度目の優勝が目標。11年は伊野波、細貝、李ら控え組の日替わりヒーローが誕生し総力戦で頂点に立った。指揮官も「決まった11人で7試合戦えるとは思っていない」と強調し「全員の選手を戦力として選んだ。全員を信頼して戦いたい」と誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月31日のニュース