C大阪 桐光学園2年FW西川に正式オファー!選手権出場予定で争奪戦必至

[ 2018年12月31日 05:30 ]

<高校サッカー選手権開会式>入場行進する桐光学園・西川(手前左)(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 C大阪が20年度の新戦力として、桐光学園のU―19日本代表FW西川潤(2年)に正式オファーを出したことが30日、分かった。複数の関係者によると、まだ2年生の16歳に対し、高校サッカー選手権神奈川県予選が終わったタイミングでオファーを提示。今後の争奪戦が予想される中、Jクラブでは最も早いという。

 異例の早さで本格的に獲得へと乗り出したのは、期待と誠意の表れだ。2年生にして名門の背番号10を身につけるレフティーの西川は、今夏の全国高校総体準々決勝・富山一戦で4人抜きのゴールを決めて衝撃を与えた。この日に開幕した全国高校サッカー選手権にも出場しており、31日に1回戦・大津戦(ニッパツ)に臨む。

 ◆西川 潤(にしかわ・じゅん)2002年(平14)2月21日生まれ、神奈川県出身の16歳。青葉FCから横浜ジュニアユースを経て、兄と同じ桐光学園に進学。過去にはU―15日本代表などに選出された。1メートル81、64キロ。左利き。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2018年12月31日のニュース