国士舘 悲願の初戦突破ならず…涙の長谷川主将「気持ちが空回り」

[ 2018年12月31日 18:06 ]

第97回全国高校サッカー選手権第2日   米子北1―0国士舘 ( 2018年12月31日    駒沢陸上競技場 )

<国士舘・米子北>ガックリと肩を落とし、引き上げる国士舘イレブン(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 15年ぶり4度目の出場の国士舘がまたしても初戦敗退となった。前半7分に失点し、これが決勝点となった。

 上野晃慈監督は「経験不足は否めなかった」と、全国のカベに悔しそう。主将のMF長谷川翔(3年)も「早い時間に失点して気持ちが空回りした。もっと気持ちを入れてやらないといけない。でも、仲間と3年間できてよかった」と、涙を流しながら振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年12月31日のニュース