浦和 興梠の連発止まった 堅守に苦戦 3連勝ならず

[ 2018年8月6日 05:30 ]

明治安田生命J1第20節   浦和0-0長崎 ( 2018年8月5日    埼玉 )

<浦和・長崎>前半、浦和・興梠がシュートを放つ(撮影・大塚 徹)                                      
Photo By スポニチ

 浦和はエース興梠の4戦連発はならなかった。

 前半6分、ファブリシオのスルーパスに抜け出し、チャンスを得るも左足シュートは相手GKの正面。「ファーサイドを狙いたかったけど少しバランスが崩れた。守る相手には先取点が重要。決めないといけなかった」と悔しそう。

 猛暑の中、9日間で3戦の強行軍は2勝1分け。この日は高温多湿(気温31度、湿度66%)にも苦しみ、5試合ぶりのスコアレスドローとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月6日のニュース