セードルフ氏、カメルーン代表新監督に就任 初の代表指揮

[ 2018年8月6日 05:30 ]

 カメルーン代表の新監督に元オランダ代表MFのクラレンス・セードルフ氏(42)が就任すると4日、カメルーンのスポーツ・体育教育相が発表した。地元メディアによると、代表やクラブでチームメートだったパトリック・クライファート氏(42)が補佐するという。セードルフ氏は現役時代にRマドリードなどで活躍。引退後は古巣のACミラン、深セン(中国)、デポルティボで監督を務めたが、代表チームを率いるのは初めて。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月6日のニュース