お目当て不在で残念も…FC東京 今季初のチケット完売

[ 2018年8月6日 05:30 ]

明治安田生命J1第20節   FC東京1-0神戸 ( 2018年8月5日    味スタ )

<FC東京・神戸>サポーターから喝采を浴びるイニエスタそっくり芸人のアイアム野田(手前右)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 2位のFC東京は2戦連続の“仕上げのリンス”で、首位・広島との勝ち点差を5に縮めた。後半45分、途中出場のFWリンスが右サイドで受け、右足でニア上段を射抜く2戦連続の決勝弾。「最高の気持ち。最後まで諦めず頑張れた」。14年に国内3冠を果たしたG大阪でも長谷川監督の下でプレー。今夏に加入した切り札が機能し、“健太・東京”の勝利の方程式が出来上がってきた。

 この日は神戸のイニエスタをお目当てに今季初のチケット完売し、味スタ史上3位の4万4801人が集結。緊急帰国した大物に代わり、クラブは“イニエスタ芸人”のお笑いコンビ「鬼ケ島」のアイアム野田をゲストに招へい。だが、外野が盛り上げる必要のない攻撃サッカーで白星をモノにした。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2018年8月6日のニュース