江坂 17日の新潟戦へ自信「連動性が増えた」

[ 2017年6月15日 05:30 ]

17日の新潟戦へ自信を見せた大宮MF江坂
Photo By スポニチ

 大宮MF江坂が17日の新潟戦へ自信を見せた。

 リーグ戦17位に低迷する中、チームは伊藤新監督が就任して4―3―3のシステムに変更、より攻撃的になった。「人とボールが動くサッカーなので連動性が増えた。ここ2戦で勝てば上との差が縮まる。降格圏脱出へ大事」と最下位の新潟戦、16位広島戦(25日)と続く2試合の重要性を強調した。自身はルヴァン杯磐田戦、リーグ戦鳥栖戦と連発。「いいイメージで来ている中で勝てないと雰囲気的にも良くない」と必勝を期した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年6月15日のニュース