ハリル監督が接触事故 都内で運転中 一昨年も…

[ 2017年6月15日 21:21 ]

 日本サッカー協会は15日、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)が自動車の接触事故を起こしたと発表した。同日午後2時半ごろ、東京都港区内で乗用車を運転中、路肩から発進した乗用車と接触した。監督、相手方にけがはなく、車両の破損も軽微だった。

 日本協会の田嶋幸三会長は事故の発生をわび、「監督には、あらためて運転の際には注意するように伝えた」とコメントした。

 同監督は一昨年8月にも都内でタクシーと接触事故を起こしている。前回もけが人はなく、車両に大きな破損はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年6月15日のニュース