「DAZN」欧州CL、EL全試合の独占放映権を獲得 18―19シーズンから3年間

[ 2017年6月15日 13:45 ]

今季の欧州CLはレアル・マドリードが優勝 (AP)
Photo By AP

 今季からJリーグの全試合を中継・有料配信しているスポーツライブストリーミングサービズ「DAZN(ダ・ゾーン)」は15日、2018―19シーズンから3年間、UEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグ、UEFAスーパーカップの全試合の独占放映権を獲得したと発表した。Jリーグとの10年という前例のない長期契約に続き、大型契約を結んだ。

 この3年間、欧州サッカー最高峰の大会を見られる日本唯一のサービスとなる。本大会出場権を争うプレーオフ、グループステージ、決勝トーナメントの全試合のライブ中継と、試合終了後の見逃し配信、ハイライト映像が楽しめる。

 欧州CLはスカパー!とフジテレビ(決勝)が放送してきた。これまでは生中継をしないグループステージの試合もあり、サッカーファンには朗報となりそうだ。

 「DAZN」のジェームズ・ラシュトンCEOは「チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグは、年々試合の質が高くなり、魅力と人気が高まっています。我々が欧州トップクラスの大会の独占放映権を取得できたことを大変喜ばしく思っております。日本のサッカーファンの皆様に、世界有数のクラブで活躍する世界一流の選手の名試合を、テレビをはじめとする各種の対応デバイスでお楽しみいただけることを願っております」とコメントした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2017年6月15日のニュース