横浜指揮官 ルヴァン杯C大阪戦で大幅ターンオーバーを示唆

[ 2017年3月14日 05:30 ]

 横浜は15日のルヴァン杯C大阪戦に向けて連係面を確認した。

 リーグ開幕から3戦はスタメンをほぼ固定して戦ってきたが、モンバエルツ監督はC大阪戦での大幅なターンオーバーを示唆。この日、左サイドバックに入り先発が濃厚なDF高野は「まずはチームの決まりごとを徹底してやりたい」と意気込んだ。昨年も特別登録選手としてカップ戦3試合に出場したが、今回はプロとしてのデビュー戦が迫る。「昨年とはまた違った緊張感がある。自分は攻撃参加が持ち味だが、頭もしっかり使ってやりたい」と力強かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月14日のニュース