鬼木監督 ベストメンバーで広州恒大戦へ「メンタル整えたい」

[ 2017年3月14日 05:30 ]

広州恒大戦を前に記者会見する川崎Fの鬼木監督。右は小林
Photo By 共同

 川崎Fは14日に敵地で広州恒大(中国)とACL1次リーグ第3戦を戦うが、中国王者に対してベストメンバーで挑む。

 1―1のドローに終わった1日の敵地イースタンSC(香港)戦は過密日程を考慮し、鬼木監督は選手10人を入れ替えるターンオーバー制を敷いた。だが、今回は負ければ1次L突破が厳しくなる一戦だけにイースタンSC戦はメンバー外だった中村らも遠征メンバー入り。指揮官は前日会見で「敵地は独特の雰囲気がある。しっかりメンタルを整えたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月14日のニュース