鹿島3発完勝 1次リーグ2勝目 優磨先制弾、植田、遠藤も決めた

[ 2017年3月14日 20:49 ]

ACL1次リーグE組   鹿島3―0ブリスベン ( 2017年3月14日    カシマ )

<鹿島・ブリスベン>前半、鹿島・鈴木は先制のゴールを決める
Photo By スポニチ

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は14日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、E組の鹿島はホームのカシマスタジアムでブリスベン(オーストラリア)と対戦、3―0で勝ち2勝1敗の勝ち点6とし首位に浮上した。ブリスベンは1分け2敗となった。

 雨の中で行われた試合は立ち上がりから鹿島が押し気味に進めた。ブリスベンも前半25分過ぎにゴールに迫るも、GK曽ケ端の好セーブもあってゴールを割らせない。鹿島も30分、ゴール正面からの直接FKをMF遠藤が狙うが壁に阻まれ、34分には連続してCKを得るも合わなかった。42分、右サイドからDF伊東のクロスにFW鈴木が右足ボレーで合わせて先制ゴール。鹿島のリードで折り返した。

 後半は、4分にブリスベンが立て続けに攻め込むが、鹿島守備陣が粘り強くゴールを割らせなかった。26分、鹿島は右CKからDF昌子がヘッドで合わせるが枠を外れ追加点ならず。31分、鹿島は再び右CKにDF植田が頭で合わせGKにセーブされかけたところを押し込んで2点目、さらに34分、右から切り込んだ遠藤が左足を振り抜き3点目を叩き込んだ。

 終盤に追加点を挙げた鹿島が3ゴールの完勝で1次リーグ2勝目。第4戦は4月12日、アウェーでブリスベンと対戦する。

 ▼鈴木の話(先制ゴール、プレーヤー・オブ・ザ・マッチ)いいボールが来たので合わせるだけでした。(日本代表ハリルホジッチ監督が視察)自分のチームでもっと取れるように頑張りたい。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2017年3月14日のニュース