猶本 なでしこ生き残り“正念場”韓国戦はボランチで先発へ

[ 2015年8月4日 08:25 ]

ウォーミングアップをする猶本

女子東アジア杯 日本―韓国

(8月4日 中国・武漢)
 なでしこジャパンのMF猶本が背水の陣で挑む。北朝鮮との初戦は途中出場。韓国戦は上辻とのダブルボランチが濃厚となり「準備が少ないが、その中でもやらなきゃいけない。思い切りやりたい」と意気込んだ。

 初招集だった昨年5月のアジア杯、同9月の仁川アジア大会に出場しながら、目標だったW杯では予備登録メンバー35人からも漏れた。今大会はリオ五輪生き残りへの正念場。「攻撃は前に行ってボールを要求したい。(得点は)そういうチャンスがあればいい」と持ち前の展開力をアピールする。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年8月4日のニュース