ガンバ遠藤 代表に苦言「状況を考え緩急つけるべし」

[ 2015年8月4日 07:55 ]

練習を再開したG大阪のMF遠藤

 G大阪は3日、3日間のオフを終え、吹田市内で練習を再開した。

 日本代表最多キャップ「152」を誇るMF遠藤は、東アジア杯で黒星スタートとなったハリル・ジャパンに「疲れもあったと思うけど最初の得点は良かった。ポテンシャルの高い選手も多いし、頑張ってほしい」とエール。一方で、指揮官の求める「縦に速いサッカー」には「暑い中で、全部が全部速かったり、前からプレッシャーをかけるのは難しい。時にはゆっくりするサッカーも必要」と緩急の有効性も訴えた。

 ゲームを落ち着かせる存在として代表への待望論も根強い。「決めるのはハリルさんなんで」と苦笑いしつつ「1つの目標でもあるし、結果を残していきたい。良いパフォーマンスを出すために、日頃からトレーニングをやっていく」と代表復帰にも意欲を見せた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年8月4日のニュース