J1復帰目指す千葉 名古屋からFW松田力を期限付き移籍で獲得

[ 2015年8月4日 11:27 ]

 J2千葉は4日、J1名古屋からFW松田力(24)が期限付き移籍で加入すると発表した。移籍期間は来年1月31日まで。背番号は38。

 大阪市出身の松田は立正大淞南高、びわこ成蹊スポーツ大を経て2014年に名古屋に加入。1年目からリーグ戦31試合に出場した。今季はここまで11試合に出場している。

 7季ぶりのJ1復帰を目指す千葉だが、第27節を終えて11勝8分け8敗の勝ち点41でプレーオフ圏内とは勝ち点1差の7位。巻き返しへ、シーズン途中でMF富沢清太郎(33)、FW安柄俊(25)に続く補強となった。

 松田はクラブを通じてコメントを発表し「J2は既に全日程の半分以上が終了していますが、現状7位というジェフユナイテッド千葉がJ1に昇格するために1つでも多くのゴールを決め、チームの勝点に貢献することが僕の役目だと感じています。ファン・サポーターの皆さんの期待、ご声援が僕の力になります。皆さんに一日でも早くジェフユナイテッド千葉の一員として認めてもらえるように精一杯頑張りますので、ご声援宜しくお願いします」と意気込み。

 名古屋を通じては「2014シーズンから名古屋グランパスの一員となり、これまでプレーできたこと嬉しく光栄に思っています。何より、ファン・サポーターの皆さまから日々、熱いご声援を頂けたことが、高いモチベーションを維持できた最大の理由です。これからはジェフユナイテッド千葉でプレーすることとなりますが、名古屋グランパスでの経験や思い出を胸に刻み、また今後に生かして精一杯頑張りたいと思います。今後とも松田力へのご声援よろしくお願いします」としている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2015年8月4日のニュース