V消滅なでしこ 佐々木監督「残念ですねぇ…」「何とか前向きに」

[ 2015年8月4日 21:30 ]

<日本・韓国>前半、指示を出す佐々木監督
Photo By スポニチ

東アジア杯 日本1―2韓国

(8月4日 中国・武漢)
 北朝鮮、韓国に2連敗を喫し、中国との最終戦を待たずに優勝の可能性が消えたなでしこジャパン。準優勝したワールドカップ(W杯)カナダ大会の主力を外し、戦力の底上げを図るために新しい選手を多数入れて臨んだ東アジア杯だったが、現実は厳しかった。

 佐々木則夫監督(57)は2度追いつきながらも2―4で敗れた北朝鮮の反省を踏まえて試合に臨んだとしながらも「ここのところ終盤、我々に点が入らなくて、相手にゴールマウスに入れられてしまいますね」とやや自嘲気味に苦笑い。「そのへんがまだまだ彼女たちの甘さだと思いますが、本当にいい勉強になっていると思いますね、本当に」と悔しさをにじませた。

 勝利をつかみとるためには「シュートの意識が足りない。仕留める、最後のしかけのミスが多い」と指摘した佐々木監督。「残念ですねぇ…本当によく頑張ってくれているんですが…」と新生なでしこの連敗スタートを悔やんだが、澤がいない、宮間がいないと言っていても未来はない。「1戦1戦成長してくれているので、何とか皆さんも前向きに捉えていただいて…」と必死に前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「コパ・アメリカ(南米選手権)」特集記事

2015年8月4日のニュース