札幌、21位讃岐と手痛いドロー バルバリッチ監督「残念だ」

[ 2014年11月9日 15:57 ]

J2第40節 札幌1―1讃岐

(11月9日 札幌ド)
 J2第40節は9日、各地で11試合を行い、前節8位の札幌はホームで21位の讃岐に1―1で痛恨のドロー。勝ち点は57にとどまり、逆転でのJ1昇格プレーオフ進出(3位から6位)に向けて厳しい結果となった。

 前半16分、讃岐MF沼田圭悟(24)にフリーで先制ゴールを決められる苦しい展開。後半5分にFW都倉賢(28)が今季12得点目となるゴールを右足で決めて追いついたが、逆転することはできなかった。

 バルバリッチ監督(52)は「前半は対応ミスから失点してしまって、イージーミスも多く自分たちの力が出せなかった」と前半の戦いぶりを悔やみ、「後半は同点ゴールまでは良かったが、その後のチャンスを生かせなかった。勝ち点3が欲しかったが残念だ」と険しい表情だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年11月9日のニュース