遠藤 主将で初栄冠!反撃の足がかり1点目をアシスト

[ 2014年11月9日 05:30 ]

G大阪・遠藤は、主将で初の栄冠でトロフィーを手にする

ナビスコ杯決勝 G大阪3―2広島

(11月8日 埼玉)
 日本代表に復帰した遠藤が主将として初のタイトルを手にした。立ち上がりに2失点。DFラインとボランチの間でパスを待っていた司令塔だったが、現状を打開するべくサイドへポジション変更。そして前半38分、左サイドから中央へクロスを上げてパトリックの1点目をアシストし、反撃の足がかりをつくった。

 「失点が早い時間帯でよかった。前半に1点返せたのが大きかった」と振り返った。J2降格を乗り越えての戴冠。「悔しさがいい方向につながっている。しっかりと組織されたチームになりつつある」と成長を実感した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年11月9日のニュース