アギーレ代表監督 激戦に興奮気味「最後まで分からなかった」

[ 2014年11月9日 05:30 ]

ナビスコ杯決勝 G大阪3―2

(11月8日 埼玉)
 日本代表のアギーレ監督が視察に訪れた。両チームで5点が入る試合内容に「両チームとも良かった。最後まで(勝敗の行方が)分からなかった」と興奮気味に話した。

 また、ホンジュラス戦(14日)、オーストラリア戦(18日)を戦う日本代表選手についても「(G大阪の)今野、遠藤、(広島の)塩谷も良かった」と評価していた。

 ▼日本サッカー協会・大仁邦弥会長 面白い展開だった。サッカーでは2―0が一番危ないと言われているけど、それを久々に見ました。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2014年11月9日のニュース