岡崎 主将に頼らない「一人一人がキャプテンの意識を」

[ 2014年9月7日 05:30 ]

岡崎が笑顔で本田と会話する

日本代表練習

 岡崎が1人の主将に頼らないチームづくりを訴えた。ウルグアイ戦では本田がキャプテンマークを巻いたが、絶対的な統率力を発揮できなかった。現在のメンバーでは代わりの主将候補が不在と感じている背番号9は「日本には声を張って付いてこいという闘将タイプはいない。一人一人がキャプテンの意識を持ってやらないといけない」と危機感を口にした。チームメートと話し合い、全員の意識向上を求める考えだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年9月7日のニュース